« 2011年9月 「大阪でのセッション」が終わりました | メイン | 2011年11月 「リーダーシップ世界大会」のお知らせ »

2011年9月 「福井でのセッション」が終わりました


8月の富山でのクラスと越後奥寂庵リトリートで一緒にリードをした
外科医であり、ヨガインストラクター、ヨガセラピストでもある齊藤素子さんの
ヨガと医療を結ぶ福井のコンセプト・スタジオ 〜Chandra〜」で
個人セッションをさせて頂きました。


セッションを行う日の朝7時からアシュタンガヨガ・マイソールスタイルクラスがあり
私も参加させて頂き、素子先生に適切な指導とアジャストをして頂きました。


私自身、ヨガ自体、殆ど体験していませんし
アシュタンガヨガは、リトリートで始めて体験し、今回で2度目ですが
ボディサイコセラピーの視点から、こころとからだ、そして精神の統合のために
とても優れたものだという印象を強く持ちました。


そのことに関しては、アシュタンガヨガを続けていくなかで
どのように優れているか、ということを
ボディサイコセラピーの視点でまとめていきたいと思います。
もちろん、ある程度、経験を積んでからでないとわからないので
大分先になると思いますが。



その後、陰ヨガのクラスがありましたが
マイソールスタイルクラス、陰ヨガクラスとも写真を撮らせて頂きました。


クラスに参加されている皆さんは、写真を撮ることに同意をしてくださいましたが
練習に集中する妨げになってしまったかもしれませんね。


この場を借りて、お礼を申し上げます。



その後、落ち着いたプライベートセッション用の部屋で
セラピューティック・ボディワークをさせて頂きました。


素子先生が、感想をブログに書いてくださっています。


Ashtangini surgeon ボディワーク後の変化:各アーサナ毎の感想
Ashtangini surgeon ボディワーク後の変化:続き


19年前、筋膜を含めた結合組織に働きかけ、身体構造を整えるための手法である
シン・インテグレーションを学んでいるとき
モニター役になってくれたヨガの先生に
10回のシリーズを終えて、こう感想を言われました。


「この10回のシリーズで得た効果を
 ヨガのみで行うのなら、2〜3年はかかる」


今回、素子先生の感想を読み
自分が行っているボディワークの意義をあらためて感じることができ
初心に返った思いです。


ありがとうございました。



Chandraは、落ち着く素敵な空間です。


集う人の温かさを感じるとともに
礼節の大切さ、人を思いやる心、凛とした清らかさを感じました。


和風テイストのChandraは
このような日本人の潔さに満ちていました。


ボディサイコセラピーの海外トレーナーは
ブラジル人、イタリア人、フランス人とラテン系が多く
人生を謳歌する楽しい質を教えてくれますが
Chandraでは、東洋の礼節を重んじる文化の素晴らしさを感じることができました。


それは、自分にとって大切なものに触れた感覚です。


齊藤素子さんに、心から感謝。


これからのChandraでの活動を、楽しみにしています。


福井にお住まいの方のみならず
他府県の方も、Chandraでもお会いしましょう。



投稿者 haruki : 2011年09月21日 12:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.rhythmtherapy.jp/mt/mt-tb.cgi/96


TOP PAGE