« 大晦日の夕空 | メイン | 奥への憧れ »

初詣での出会い


三が日に、都内で初詣をした。


参道では、たくさんの人が行き交い
焼きそば、お好み焼きなどの屋台が脇をかため
威勢のいい呼び込みの声が響き
食欲をそそる匂いが漂ってくる。


普段は慌ただしく仕事をしているであろう人も
家族と幸せそうにゆったりと歩いている。


朝の満員電車は、ギスギスしていて苦手だが
参道を賑わす人々のなかにいるのは
人々の緩やかな気持ちが伝わってきて心地がいい。



山に戻ってから、山麓の神社にお参りをした。


三が日が終わったからなのか
山麓の神社には、誰一人いなかった。


この神社は、集落からずっと山の奥に入ったところにあるため
誰もいないと、少し心細い。


それでも、新しいしめ縄が張られていることから
新年の雰囲気が漂っていた。



神社の脇の方に佇む小さな石仏に目がとまる。


説明書きが何もない苔むした石仏。


苔で何が彫られているのかわからないが
紙垂の間から見せる顔から
狛犬とは対照的な深い静けさを感じた。


脇の方で静かに佇む在り方から
「自分が自分が」という「我」が少しも感じられない。


そのような在り方に憧れる。


名も無き小さな石仏に出会えてよかった。


一年の始まりの良き出会いに、感謝。



投稿者 haruki : 2009年01月05日 16:49

TOP PAGE